難聴のタイプには伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴があります。

難聴のタイプ

トップページ

難聴のタイプ

伝音性難聴

耳の、音を伝える部分に障害が起きて発症するタイプの難聴です。中耳炎の難聴がこのタイプにあたります。このタイプは治療で聴力がある程度回復しますし、補聴器を使えば日常生活にはまったく問題ないでしょう。難聴のタイプの中でも症状は軽度です。


感音性難聴

感音声難聴は聴覚の神経に障害があるために発症してしまうタイプなので、治療はとても困難です。大きな音は聞こえても小さな音は聞こえづらくなります。とても精密な補聴器でないと聴力を補うのは難しいかもしれません。


混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の症状を合わせたタイプです。老人性難聴のほとんどがこの混合性難聴だと言われています。



どうですか?難聴のことについてちょっと知ることができたんじゃないでしょうか?耳はコミュニケーションを取るのにとても大切な部分です。耳が聞こえなければうまく話すこともできなくなってしまいます。

今まで当然にできていたことができなくなってしまう。想像するだけで怖いですね。そうなってしまわないように、耳の状態を少し気にかけておくと良いかもしれません。

耳鳴りがずっとする。なんだか耳にフタがされたように音が聞こえづらい。そんな難聴の症状のようなものがでてきたら注意ですよ!




a:948 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析