「低い音が良く聞こえない…」それはもしかしたら急性低音障害型難聴かもしれません。

急性低音障害型難聴

トップページ

急性低音障害型難聴

低い音が聞こえない…

「低い音が良く聞こえない…」それはもしかしたら急性低音障害型難聴かもしれません。「なにそれ?」聞いた事もない、という人もいるかもしれませんね。急性低音障害型難聴とは、低音だけがよく聞こえなくなる耳の病気です。

10万人の中で毎年50人程度の人がこの病気に罹っていると言われています。「10万人中50人なら珍しい病気ってこと?」この数字を見るとあまり罹ることのない病気のように見えますが、決して珍しい病気というわけではありません。あなただって罹る可能性があるんです。では、どんな症状があるのかこのページで具体的に見ていきましょう。


急性低音障害型難聴の症状

[check]耳鳴り

[check]音が割れて聞こえたり、響いて聞こえる

ただ単に聞こえにくくなるだけでなく、聞こえ方にも違和感を感じるようになります。耳そうじのしすぎなどでなる外耳炎でも同じような症状が見られるので勘違いしてしまう場合もありますが、その場合は聴力検査を受けましょう。

急性低音障害型難聴に罹りやすい人

  • 急性低音障害型難聴の原因の多くは、

[check]精神疲労

[check]肉体疲労

[check]睡眠不足

だと言われています。誰もがストレスを抱えている現代。見も心も疲れている人はいっぱいいますから、誰でもなる能性はあると言えるでしょう。しかし、中でも「怒りっぽい人」や「真面目な人」、「心配性な人」などストレスを感じ易い人はなる確率が高いです。

「自分でなんとかしなければ」抱え込んで焦れば焦る程ストレスは増大して急性低音障害型難聴は悪化してしまいます。一度肩の力を抜いて深呼吸してみましょう。がんばることを止めることで楽になれるときもありますよ。




a:1054 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析